2008年01月06日

読書三昧。

このところ年末年始も含めて読書月間になってます。普段も本は読むのですが、たまーに何ヶ月間か、猛烈なる読書欲に支配されます。これだと思った作家の作品を全読破します。
現在の波は、熊谷達也。そして荻原 浩。
娘の子守の友に、常に側らにあります。
時折、娘の寝息と泣き声に耳を傾けながら、本の世界に没入するのも中々いいものです。
その代わり、全く映画は観てませんね。
バランスが悪いのか、、、どうか分かりませんが。
今、暫くはひたすら読書人間になってます。その時期には本が増え続け。波が終わると。これと思ったものだけ残し、あとは売ります。
それでまた本を買う。この時には、今まで興味のなかった作家の作品かもう一度読んでみようかと思った作品を買います。
それでまた新しい出会いを求めてます。
誰か?お薦めの作家、作品を教えて下さいな。
posted by 英雄 at 18:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も読んだ本は古本屋さんに売ってしまう方なのですが、
この本は捨てられません。ドラマ化もされていて
超有名なのでもう読んでらっしゃるかもしれませんが、
私のイチオシ!は横山秀夫さん(おなじヒデオさんですネ)の
「クライマーズハイ」。彼独特の人間くささがあって、
でもロマンがあってカッコいい。
ドラマもよかったですがぜひ原作を。

いいな〜、私も読書三昧したいな〜。
目前にせまった試験が終わるまでおあずけです。
熊谷達也さん、荻原浩さん。チェックします。
Posted by るるか at 2008年01月07日 00:17
あ、あと!
「チームバチスタの栄光」(by.海堂尊)はもう読まれましたか?
今どこの本屋さんにも平積みされていて
もうすぐ映画も公開ですね。
めーっちゃ、おもしろいです。
Posted by るるか at 2008年01月07日 00:23
ありがとうです。早速!!本屋へ
Posted by 榊英雄 at 2008年01月07日 11:51
最近は浅田次郎さんにはまってます。映画化もされてる『壬生義士伝』、ドラマ化された『輪違屋 糸里』。映像と違う二次元の魅力が多々ありますので是非!
Posted by すず at 2008年01月08日 23:42
こんばんは。
私が最近読んだ中では、柴田よしきさんの「聖なる黒夜」や藤原伊織さんの「遊戯」がおすすめです。まだ読んでいなければぜひ!荻原浩さんの「ママの狙撃銃」も好きです。
Posted by 香織 at 2008年01月09日 22:46
先日はどうもです。
読んではるかも知れませんが……
「錦繍」宮本輝
「コレラの時代の愛」G・ガルシア=マルケス
「一万年の旅路」P・アンダーウッド
などなど

僕は最近古典を攻めよか、と
「白鯨」とかやっつけてますわ
Posted by syoutarou at 2008年01月12日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76826383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。