2008年03月15日

おっちゃん。

親愛の意味を込めて、ある大阪の音楽畑のおっちゃん達と飲む機会を得た。二人のおっちゃんは長年、大阪のライブハウス運営し、数多くのミュージシャン達を応援してきた方々である。おひとりの方は更に東京でもライブハウス運営に乗り出し、それらは渋谷の丸山町の中に燦然と控えている。妻もお二人には直接であったり、間接的であったり、お世話になっている。その場に映画の、これもまた親愛の意味を込めて、おばちゃんが合流する。酒の勢いを借りて、引き合わせたのだ。
夏にやろうとしている監督作品の打ち合わせの意味もあったのだが、中々その企画に弾みがつかないので、上記のように仕組んだのだ。
結果、、やはり人間と人間の化学反応はあるもので、あっさり映画の企画を思い付く、、、一同、納得の企画。酒の場のものとはいえ、動き始めた。一夜の勢いにならないように、ここに記す。
ふたりのおっちゃんとひとりのおばちゃんと企画の推進を確かめ合い、別れる。そして今日。
しっかりと頭の中に企画のあらすじが見えてくる。
さっそくあらすじを書こう!!
おっちゃん方!おおきに!
別れの後姿を見送りながら、、いい歳のとり方をして、いい男になりたいなぁと改めて思った、37歳ながら恥ずかしいですが、ほんとに思いました。
ちなみにおばちゃん、その店に忘れ物をしたみたいだ、
それも高い化粧品だと、、おばちゃんも最高や。
posted by 英雄 at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なおじちゃんおばちゃんの様ですね。
私も善いおばちゃんになりたいです。(笑)
24才です。善い歳の取り方学びたいものです。
次回作品も楽しみにしています。
Posted by みかん at 2008年03月16日 03:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。